09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

scrap

有川浩先生の「図書館戦争」シリーズの二次創作ブログ

ご挨拶とご案内 

はじめまして。にしの、と申します。


ココでは、にしのの好きなモノや日々のコトなどを書いてます。

が、以前は、有川浩先生の「図書館戦争」シリーズの二次創作の更新をしていました。
過去にアップしたお話は、下げずにそのまま置いてあります。
の展示と更新もしています。


*「二次創作・同人」という言葉の意味がわからない!という方は閲覧をお控え下さい。
  わかるけど、好きじゃない!という方も、お控え下さい。



*あくまでも個人の趣味で運営しています。
 当ブログ及び展示作品は、原作者様、企業版権元、その他いかなる公的のものとも関連はありません。

*当ブログ内の文章の無断での転載・複製は堅くお断り致します。


*極力気をつけるようにはしていますが、ネタバレにご注意下さい。
  にしのは、図書館戦争シリーズの原作、アニメ、マンガ、すべて読んだり見たりした上で、創作をしています。


現在、お話の更新はブログとホームページ、両方でおこなっています。
scrap




上記ご理解頂いた上で、楽しんで頂ければ幸いです。


***


*当ブログは一応簡単な検索避けをしてます。

*リンクフリーです。報告不要ですが、もし報告して下さったら、照れ照れしながらこっそりのぞきにゆきます。で、帰ってきてこっそり喜びます。


ブログ紹介と自己紹介です。もし、ご興味があれば。↓
-- 続きを読む --

Posted on 2024/10/01 Tue. 18:56 [edit]

category: ご案内

TB: 0    CM: 1

01

更新履歴 

【更新履歴】
新しいもの3話をココにのせています。

■ 91/111 溢れ出す  (別冊Ⅱ以降/堂郁)
  「熟年夫婦」という言葉は素敵だ!という思いを込めました。

■ おしゃれ番長 その7  (内乱あたり/同期トリオ)
  やった方は、すごい満足感だと思います。

■ 大人の社会見学 2月14日編  (別冊Ⅱ以降/堂郁+手柴)
  大人たちのバレンタイン事情……と言えなくもない。


---*-----*-----*-----*-----*---


【再アップ分】
ホームページにのみアップしていたお話をブログにもアップしました。

■ コンプレックス・ハッピー (別冊Ⅰ以降/柴崎+進藤)
  複雑な親心の話。

■ 75/111:妬む (別冊Ⅰ以降/上官コンビ)
  scrap的ブライダル・フェア、のはずがなぜか乾物。

■ クレイジー・ラビッツ (戦争/Lala版3巻特別編ネタバレ有/堂上兄妹)
  手強くてカワイイうさぎたちに振り回される堂上教官のお話。


---*-----*-----*-----*-----*---


続きより目次一覧です。
-- 続きを読む --

Posted on 2024/10/01 Tue. 18:00 [edit]

category: 目次

TB: 0    CM: 0

01

可能性は無限大 

Lalaの来月号予告に「図書館戦争、連載11年目突入」とあって真顔になったにしのです。
じゅういちねんかぁ…………


先日ズートピアを見ました。日本語吹替えで。

いやぁ…………頭ポンってすんごい可能性秘めてますね……(ほかに言うことはないのか)

映像じゃないとできない技を見せつけられた気持ちです。それまで「ピ○サーの描く毛並み半端ないなー、もふもふしたい」とか思いながら見ていたのに、ほのぼのした気分が吹っ飛びました。
もしまだ見ていない方は是非。あれはなんていうか、図書戦男性陣ではできないやつでした。いや、進藤さんならいけるかも……?
ともかく是非!あのワンシーンには一見の価値ありです!

頭ポンにしか言及してませんが、結構重めのテーマだけど元気が出る安定のピク○ーアニメです。やたらめったら張りきって失敗するヒロインって、やっぱりどこの世界でも可愛らしいもんだなと再認識しました。ちょっとウザイくらいがポイントかな、と。(笑)


進藤さんといえば、本誌では副隊長パートがキッチリ丁寧に描かれていて大変幸せな数ヶ月でした。20代と40代の絵を並べて見られるって最高ですね……目元の皺がいとおしい。(←趣味)教官コンビの過去話にも期待が高まります。ギスギスした小牧教官が楽しみで仕方ない。
ラストの折口さんと加代子さんのトークもばっちり描かれていて、折口さんラブな私としては満腹満足でした。
手柴パートもガッツリやりきってくれる前振りに違いないと思う反面、つまり数ヶ月はキッツイ展開続くのかと、ちょっとドキドキするというか、緊張してしまいます。いやまあフィクションなんですけども。ハッピーエンドってわかってますけども!(苦笑)
現実でも創作でも、辛いこと苦しいことは、あまり見たくないもんです。

そういえば、今月のLalaでは堂上教官がものすごい名言をかましてました。あの人のぼやきセンスは最高だと思います。だから好きなんだ!
コミックス派の方は、新刊が出たらIndex27にご注目ください。


教官といえば、ちょっと前にオカダ教官が某バラエティ番組で、匍匐前進のトレーニングが好き、みたいな発言をしておりました。理想の家を建てるときに、匍匐前進できる通路が欲しいとかいう話で。
それで想像したんですが、堂上教官、郁、手塚あたりは「好きな訓練」がありそうだな、と。

郁「あたしは絶対に降下訓練!ヘリからだとなおよし!」
堂上「乱取り十本かハイポートか迷うな」
手塚「あ、俺もハイポートですね」
隊長「面白いのは野外行程だろ!」

進藤「お前は?」
小牧「訓練に好き嫌いって必要ですかね?」

どういう訓練があるのか詳しくないので、小説内で出てきたので書きましたが、堂上・手塚あたりは、やけにキツイのをあげそうだなと思います。スポーツとは違うとはいえ人間なので好き嫌いはあるかと!
「嫌い」の方でなく「好き」の方で盛り上がっちゃう堂上班。んでも「俺はこの三人に混じりたくない」って一歩引いてる小牧教官。(笑)
それとも積極的に会話に混じるほうかな。なんのかんのいっても戦闘職種。
どちらで妄想しても楽しいです。


10月からまた仕事が変わるので、しっかり楽しいを補給してモリモリ頑張ろうと思います。ここしばらく、図書戦ほどはまれたカップルがいないので、新たに発掘したいなぁ。
素敵な漫画や小説には出会ってるんですが、ダダハマリする「カップル」となるとまた別なんですよね……むむ。
最近はラブよりも仲間とか友だちとかに燃える傾向にあります。リアルでもフィクションでも頑張ってるグループとか仲間の連携プレーとか、燃えて萌えるやつがドツボです。なんかこう滾るやつが!
10月はアニメもいろいろ始まるし、燃料補給の意味も込めて、ガツガツ吸収していきたいと思います。
そんでバキバキ働いて天災で大変な地域の野菜を買う!経済回すぞー!

と、新しい職場を前にちょっとへっぴり腰になっているので、自分を鼓舞していきたいにしのでした。自己暗示大事。(笑)

Posted on 2017/10/01 Sun. 20:33 [edit]

category: 雑記

TB: 0    CM: 0

01

終わらない! 

繁忙期と図書戦が。

生きてました、にしのです。
閉鎖でもトンズラでもなく、ただただ放置しておりました。新年のご挨拶も開設記念も気づけば遙か彼方。タイミングを見て足を運んで下さった方がいらっしゃいましたら、大変失礼致しました。
潜伏期間中、何をしてたかといいますとガッツリ働いてました。病気とか家庭の事情とかではなく、ただただ労働しておりました。一応社会人なので!(一応を付けるな)
昨年夏、辞めてしまった社員さんの代打として入って、年明けからの繁忙期に備えて修行を積んでいたのですが、1月からあれよあれよと帰れなくなり、3月の残業時間が大変なことになりました。産業医に提出する健康調査の書類みたいなの書きました。

私「こんなんあるんですねー初めて知りました」
派遣会社の営業さん「私も初めて見ました!」

マジでか。
それでも土日はちゃんと休みでしたし、別に毎日終電というわけでもなかったので、ニュースになるような人もならない人も一体どれだけ働いているんだろうと、なんだか切なくなりました。現在進行形でギリギリのところで踏ん張ってる人、本当にいっっっぱいいるんだろうなぁ。
非正規で職を転々としていてよかったことは、この世は誰かの仕事で成り立っており、不要な仕事はほとんどなく(ないとは言わない)、8割の人は頑張っている(10割とは言わない)という事実を実感できたことです。大抵のことに感謝できます。蛇口捻って水が出るのも、電気つくのも誰かのおかげ!
体と心に鞭打って頑張ってる人は、どうかその頑張りの何割かを健康維持に当ててほしいなと思います。誰かの仕事のおかげで回っている世の中ですが、その「誰か」はほとんど代打がききます。でも「自分自身」の代打はないのです。健康だけは、結局のところ自分で大事にしないとどうにもならないんです。家族や友人の心配や、医者の診断はどうしたってサブ。メインは自愛です。

なーんて健康について熱く語ってますが、私自身はすこぶる元気でしたけども。

社内で地味にインフルエンザが流行る中、風邪ひとつ引きませんでした。引きそうな気配を感じとったときは全力で対処しました。
おかげで体調を崩すことはありませんでしたが、ずーっと眠かったです。というか今の職場になってからずっと眠い。久しぶりに頭フル回転させてるからかな。(苦笑)
通勤電車で読書ができなくなりました。昔は脳内麻薬でも出てるのか、忙しいときほど読書がはかどっていたんですが、今は眠気が勝ちます。圧勝です。3月のマックス忙しいときは、休日でさえ本が読めませんでした。マンガすら集中して読めなくなったとき、忙しいってよくない!と真剣に思いました。人間の集中力って有限なんだと実感。読書欲はあるので、読みたい本が溜まる一方です。追っつかない!
「4月になったら急に落ち着くから」と上司から聞いていたので、4月になったらアレをしようコレを読もうと、それを糧に3月を乗り切ったのですが。
4月もほどほど帰れませんでした。しょんぼり。
1月から3月は量的に多かったのですが、4月は質的にめんどくさいことが増えました。3月に起こらなかったトラブルが4月第一週目に全部起きましたからね!思わず「嘘でしょ!?」って言いました。てんてこ舞いました。
4月末が終わって、一応『気にかけとかないとヤバイファイル』が薄くはなったので、5月こそは落ち着くはず!
——とか思ってたら怒濤の引き継ぎ祭でした。
連休明けにようやっと引き継ぎ相手が決まったと思ったら、空気を読んだかのように普段沈黙している顧客からメールラッシュ。おかげでご挨拶ははかどりましたが、5月もやっぱり帰れませんでした。しょんぼり。
あれよあれよと1ヶ月が過ぎ、現在に至ります。
有休消化できなかったとか、現時点で未来が真っ白など思うところはイロイロありますが、ひとまず肩の荷が下りた心地です。
それにしても、私はゴールが決まっていたから走り抜けられたようなものの、正社員の人はこれがずーっと続いてるんだなぁ、と思うと本当に尊敬します。
20代の頃はやる気のない中年社員さんにイライラしたものですが、今はもう単純に責めることはできないかも。長い年月、きっといろんなことがあったんだろうなと想像してしまいます。そうなってもしょうがないのかな、と。

まーだからってサボっていいということにはなりませんけども!
がむしゃらに頑張らなくてもいいけど、若人の手本にならねばなりませんから!

自分への戒めとして、簡単に人を責めないようにしたいなと思います。何もかもどうでもよくなってサボりたくなったら心が疲れてる証拠ということで。


忙しかろうと集中力がなかろうと、Lalaは買ってました。
ありがとう別冊Ⅱ……!信じてた!
正直「次号いよいよ結婚式」の文字を見たときは、最終回かとドキドキしました。だって結婚エンドはLalaの鉄板ですし。6月号を買ったときは、まず来月号予告を確認したくらいです。来月も掲載ある!ってガッツポーズでした。
結婚式ちゃんとやってくれたのも嬉しかったですし、ちゃんと副隊長のお話が始まったのが本当に嬉しい。堂上夫妻の投げっぱなしジャーマン(見開き希望)や、ギスギスした教官コンビへの期待が膨らみます。手柴編はちょっとしんどいですけども、超えた先に大団円があると思うとやっぱりしっかり描ききってほしいなぁ。楽しみですv
あとひとつだけ贅沢を言うなら、是非とも玄折ターンをお願いしたい。稲嶺指令と碁打ってるだけだから難しいかなぁ。隊長が指輪買いに行くとか想像しただけで萌えハゲそうです。実写版隊長で妄想すると本当に悶えそう。

ちなみに6、7月号のお気に入り箇所は、引っ越し後に「柴崎と近い」って喜ぶ郁と、結婚式で(恐らくドスの利いた声で)「は?」っていう柴崎と、聞きたくて止めないワクワク手塚君です。同期トリオが本当にもう可愛い。
信頼が厚い仲間同士ってなんでこうも心引かれるんだろう。マンガに留まらず、芸能関係でも応援したくなるのは仲良しグループだし。家族ものより仲間ものが断然好みです。



続きより拍手お返事です。
不義理で申し訳ありません。
-- 続きを読む --

Posted on 2017/06/10 Sat. 17:33 [edit]

category: 雑記

TB: 0    CM: 0

10

スライディングで 

滑り込み年末のご挨拶に参上しました、にしのです。

今年もビックリするくらいぐだりんちょな更新っぷりでしたが、個人的にはいい一年でした。
夏から新しい職場になって、久しぶりにテンパりにテンパった後半戦でしたが、それでもいい一年でした。初めて仕事の夢を見るという(しかも何度も!)貴重な経験をしましたからね!年度末が繁忙期らしいので、2017年は前半戦からドッキドキですけども!
2016年はライブも演劇もたくさん観に行って、素敵な本にも出会えました。
創作は相変わらずペースダウンしておりますが、別作品で別方向な創作をやってみたのは、結構楽しい開拓だったなと思います。頑張って耕したつもりでも、自分の癖みたいなものは変わらないのがオモシロイような難しいような。
来年も楽しく続けてゆきたいな、と思っております。

図書戦については、本誌で読んでますが、最近もう恥ずかしくて読むのが大変です。(笑)自分は昔から少女漫画とか恋愛ドラマが恥ずかしくて見られないタチだった!と久しぶりに思い出しました。散々恥ずかしい創作しといて何言ってんだ、という感じですが!画があるとないとでは照れが全然違う……!
いよいよ来月は別冊Ⅰのラストですが、予告には最終回の文字がなかったので、別冊Ⅱを期待していい!?いいよね!?!?と前のめり気味です。2017年最初のドキワク案件かも。
そういえば、コミケに叶姉妹が降臨したというニュースを見たのですが、そこで恭子さまがグッドルッキングガイを「かさばるからおいてきた」とおっしゃったそうで。
柴崎に言わせたい!って思いました。(笑)
というか、柴崎にしか言えないですよね、このセリフ。教官はかさばれないし!(笑)
もしそんな話を書いてアップしてたら、やりおったな、と笑ってください。


あと数時間の2016年、お世話になった方々に目一杯感謝を込めて見送ろうと思います。
2017年も謙虚と健康を重視しつつ、なんでも楽しんでいく所存です。
もう歳が歳なので、謙虚と健康は本当に大事……気をつけないとすぐ「このやろ!」ってなっちゃうので。そして、一度崩れた体調は本当になっかなか回復しないので。
まあ戦うときは戦いますけども!(笑)

皆様にとっても来年が素敵な年になることを願っております。
たくさん笑って、よく食べよく寝て、萌えや燃えを取り込んでイイ年にしましょう!

にしのでした。

Posted on 2016/12/31 Sat. 22:47 [edit]

category: 雑記

TB: 0    CM: 0

31